学科紹介

柔整学科

3年制
学科定員 /
男女30名
オープンキャンパス開催中オープンキャンパス開催中

柔道整復師とは

自然治癒力を最大限に引き出し、回復へと導く

柔道整復師とは、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの外傷に対し、整復・固定などの処置を施し、回復へと導く国家資格取得者です。古来から伝承されている手技を用いて、自然治癒力を最大限に引き出す施術を行います。

医療分野からスポーツ、福祉関連まで
さまざまな分野での活躍が期待されています

医療分野はもちろん、スポーツや美容関連の分野など、さまざまな現場での活躍が期待され、需要が拡大しています。柔道整復術は先人が積み重ねてきた「健康の知恵」の集大成であり、受け継いだ私達の手によって、さらに発展する可能性を秘めた術なのです。

接骨院の開業、医療施設勤務

柔道整復師の資格を取得すれば、接骨院(整骨院)を開業することができます。また、病院やクリニック等で、柔道整復師として働くこと可能です。

在宅ケア、福祉施設勤務

日本の超高齢社会における介護保険制度により、柔道整復師は機能訓練指導員として活躍できる公的立場が確保されました。また、柔道整復師は実務経験を積んで介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得することもでき、より広い分野での活躍が期待されています。超高齢社会の今、この分野のスペシャリストが求められる場は広がるばかりです。

スポーツメディカルトレーナー

スポーツの現場では、選手のコンディショニング及びケガへの対処や治療をするスポーツトレーナーが求められています。プロや実業団のチームでは体調管理や食事指導なども行い、充実感とやりがいを得ることができる仕事です。

国家資格を持ったスポーツトレーナーを目指す「スポーツトレーナー育成プログラム」

\柔道整復師の仕事はこんな人にオススメ!/

  • スポーツが
    好き
  • 身体を動かす
    のが好き
  • 医療分野に
    興味がある

76.2%

全国平均 84.8.%

必要単位を修得すると国家試験受験資格が取得可能

柔道整復師は、柔道整復師法によって定められた国家資格です。厚生労働大臣の指定した柔道整復師養成施設、もしくは文部科学大臣の指定した学校で解剖学・生理学・柔道整復学などを3年以上学ぶことで、受験資格が得られます。国家試験に合格すると、柔道整復師として接骨院の開業のほか、病院、スポーツ分野等で活躍できます。