学科紹介

歯科衛生学科

2021年4月より口腔保健学科は
歯科衛生学科に改称いたしました。

3年制
学科定員 /
女子50名
オープンキャンパス開催中オープンキャンパス開催中

歯科衛生士とは

むし歯予防から歯周病予防までサポートする、お口のスペシャリスト

歯科衛生士は、歯科医師とともにお口の健康を守る国家資格取得者。
歯科医師をサポートする「診療補助」、歯石の除去やフッ素の塗布を行う「予防処置」、食事やブラッシングのアドバイスを行う「保健指導」が主な仕事です。

「治療」から「予防」へ 未然に防ぐことの大切さを伝える

「治療」から「予防」へ移行している歯科医療界はもちろんのこと、口の中を健康にすることで身体全体を健康に保てることが判明してきたため、医療界にも歯科衛生士の活躍の場が広がっています。

歯科診療補助

診療がスムーズに進むように、歯科医師の補助を行います。
治療内容をしっかりと把握し、歯科医師は次に何の器具を使うか、何を望んでいるか、患者さんの状態はどうかを素早く判断する観察力・状況判断力が求められます。

歯科保健指導

歯磨きや食生活など日常生活での口腔状態の改善をサポートします。
幼児から高齢者まで指導の対象は多岐にわたるため、それぞれの立場に立った、わかりやすい指導が行えるよう、専門的な知識と高いコミュニケーション能力が求められます。

歯科予防処置

歯石を除去したり、歯にフッ素を塗布して、歯周病やむし歯の予防処置を行います。器具や薬物などの取り扱い知識に加え、熟練した技術が求められます。

\歯科衛生士の仕事はこんな人にオススメ!/

  • 人の役に立つ
    ことが好き
  • 人とお話する
    のが好き
  • 細かい手仕事が
    好き
  • 美容や健康に
    興味がある

90.3%

全国平均 96.2%

必要単位を修得すると国家試験受験資格が取得可能!

歯科衛生士は歯科衛生士法に基づいて認定される国家資格です。
高校卒業後、厚生労働大臣もしくは文部科学大臣の指定した歯科衛生士養成施設を卒業することで、国家試験の受験資格が得られます。毎年1回、3月に実施される歯科衛生士国家試験に合格すると歯科衛生士の資格が与えられ、さまざまな職場で活躍できるようになります。